プリウスPHV(TOYOTA)のエコカー減税、値引き情報などのQ&Aを掲載しています。

プリウスPHV
新車を40万円安くするノウハウ
プリウスPHV(トヨタ)
新型日産ノートレビュー

究極のエコカー。

EVとHVの強みをフルに活かしたプラグインハイブリットカー。
走行距離や利用シーンに合わせてモードを切り替えることで燃費を向上する。

価格 人気グレード 値引き額の目安
305万〜420万 S 20万円
エコカー減税 燃費
100% 62.91万円 カタログ燃費:31.6km/L

質問値引きは期待できますか?

10〜20万円程になります。エコカー補助金や国・地方自治体からの助成金を入れると40〜50万円もあり得ます。さらにディーラー以外の値引きも入れるとより高い値引き額が引き出せる可能性もあります。

質問価格帯は?

305万円〜420万円になります。

質問燃費は良いですか?

ハイブリット走行で 61 km/L です。抜群に燃費が良いです。

質問エコカー減税の状況はどうですか?

燃費が圧倒的に良いので100%免除で62.91万円安く買うことができます。

質問エアロの対応状況はどうですか?

トヨタでは様々な純正品のカスタマイズパーツを販売してます。エアロパーツとして、フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートをまとめてセット販売もされています。

質問PHVとは何でしょうか?

PHVとはプラグインハイブリッドカーの略で、EV(電気自動車)とHV(ハイブリッドカー)の2つの機能を搭載した車です。近所のスーパーや子供の送り迎えなど、近距離で使用する普段使いはEVとして使用できるため、ガソリン車よりもはるかに安い料金で車に乗ることができます。また、長距離走行の際はHVとして走行することができます。このように、シーンに合わせて使い分けることで、これまでEVで心配だった電池切れを気にする必要がありません。低燃費で安心して乗ることができるのが魅力です。

質問EVの充電はどこでするのですか?

自宅で手軽に充電できます。わざわざガソリンスタンドに足を運ぶことなく、自宅で簡単にエネルギーチャージできるのが魅力です。AC200Vの電源であれば約90分、AC100Vでも約3時間でフル充電することが可能です。深夜に充電すれば電気料金も割安です。夜寝る前にコンセントを入れ、朝起きれば満タンの状態で出発することができます。充電状況はスマートフォンでも確認できます。充電状況をチェックして確実に満タンになることを確認してから出発することができ、大変便利です。

質問EVとHVはどのように使い分けるのでしょうか。

普段の通勤や買い物は電気の力でEV走行します。近距離の移動であればほとんどガソリンを使うことはありません。ガソリンを使用するのは、長距離の高速移動する際などです。またEVモードで走行するのに必要な電力を使い切った場合も自動的にHVに切り替わり、ハイブリットカーとしてドライブを楽しむことができます。

質問インテリアはどうですか?

スピードメーターや燃費はモニター画面に表示されます。近未来的なモニター画面にはステアリングスイッチ動作により様々な情報を表示することができます。

質問静粛性はどうですか?

静粛性は驚くほど高いです。EVモードでは最高速度100km/hまで静粛なEV走行が可能。また、高速走行時でもエンジンの回転数が低く抑えられているため、快適で静かな走行になっています。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくしてプリウスPHVを安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけでプリウスPHVのエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

↑車検証が手元にあると便利です

>>簡単1分一括査定はこちら

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよくプリウスPHVに乗り換えられますしね。

使い勝手の良いトヨタ自慢のハイブリッドカーとなっている。ユーザーにとって嬉しいのは、自宅でバッテリーを充電できることである。充電は自宅に用意した充電ケーブルを充電口に差し込むだけで出来る。充電環境がネックであったハイブリッドカーの問題を見事に解決した。また、EVモードとHVモードを利用シーンに合わせて使い分けることで効率的なパフォーマンスをしてくれる。ハイブリッド車と電気自動車の長所を合わせ持つPHVならではの使い方といえる。エンジンを利用しないHVモードの場合、26.4kmもの距離をガソリンを使わない電気自動車として走行できる。燃費はPHVの複合モードの場合で61.0km/Lと驚くべき数字を記録している。排気ガスを出さないことはもちろん、ガソリンの利用も抑えることができるため、環境にも経済的にもやさしいクルマとなっている。SRSエアバッグや横滑り防止装置のS-VSCなどの安全機能も十分に備わっている。グレードに関わらず全車に標準装備されているので安心してドライブを楽しむことができる。実用性の高いファーストカーとして利用したい。落ち着いたインテリアにエンジン音が気にならない静かな車内が安らぎのドライブ空間を提供してくれるので、満足度も高いだろう。

新車を40万円安くするノウハウ